1970年生まれのおばさんです。

毎日思ったことを書くだけ

子宮頸がん検診をしている人は多いが、子宮体がんの検診をしている人は少ない

もう40代だというのに、なぜか子宮がん検診をした!という友人にあうと、

 

   子宮頸がんの検診

 

しかしていない方が多いのよね。

まぁ、確かに50代が一番多いと言われる子宮体がんだからまだ気にしない人も多いのかな?

私は親を卵巣がんで亡くしているので、遺伝率が普通の人よりも30%高いと言われたので、卵巣がんの検査も子宮がんの検査のときと一緒に行っている。

もちろん、頸がんも体がんも両方やっているよ。

子宮頸がんは

    

   エッチのしすぎ

      やら

   複数の人とやりすぎ

 

でなりやすいとも言われているからか?最近は若い子も増えているよね。

エッチをした人はまぁなる可能性があるんだろうね。

そして、早期発見したら治りやすいのも子宮頸がん。

反対にそうでないのが子宮体がん。

だからこそ、もうこの年齢になったらやるべきだと思うんだなぁ。

でもね、やったことない友達にあえて私は言うの。

 

 子宮体がんの検査は痛いよ~!

 

って(*´σー`)エヘヘ

子宮頸がんの検査はまぁつっこむだけだから、処女じゃなきゃ痛くないだろう。

でも、体がんは、

 

    子宮をつまむんだよ!!!!

 

細胞を取るためにね。

お医者様がチクッとしますよぉ~といったら

 

    (´;ω;`) 痛い!!!!

 

という瞬間がやってくる。

子宮がズンという感じ。

何回もやったら慣れてはきたが、それでも、やっぱりつままれると痛い!

でも、自分の身体のためと思ってこれくらいはがまんがまん。

そう、今日はこの検査をやってきたんだよ~。

もちろん検診の後は出血もする。

1年に1回のがまんの日が今年もやってきたのさ。

注射も嫌いだけど、こっちの方が嫌い。

マンモも嫌いだけど、その話はまたいつか(笑)